ワトソン症候群(肺動脈狭窄とカフェオレ斑を主徴とする遺伝性疾患)

症状: ワトソン症候群(肺動脈狭窄とカフェオレ斑を主徴とする遺伝性疾患)

同様の症状: ワトソン症候群(肺動脈狭窄とカフェオレ斑を主徴とする遺伝性疾患)

その他の症状に関する情報

  • 発疹...発疹には多くの原因が考えられます。いかなる発疹も、医師または皮膚科医による迅速な診断を必要とします。 発疹は、ウィルス(たとえば水痘)あるいは全身症状(たとえば自己免疫疾患)のような疾患、蕁麻疹あるいは湿疹のようなアレルギー ... もっと見る»
  • 発育の症状...正確なレベルの成長は乳幼児や小児、そしてティーンエイジャーにとって非常に重要な健康の指標です。 いくつかの病状が乳幼児に生じる場合は、しばしば成長障害と呼ばれる成長不良を引き起こします。 ある場合には ... もっと見る»
  • 背丈が低い...小柄な身体のサイズは、単に正常範囲内にある場合がありますが、様々な病状の可能性を示している場合もあります。 幼年期に成長を遅らせる疾患は、遺伝的、代謝的、または単に入手可能な食料の量が低下するなどの環境問題によることがあります ... もっと見る»

合併症: ワトソン症候群(肺動脈狭窄とカフェオレ斑を主徴とする遺伝性疾患)

病気の分類: ワトソン症候群(肺動脈狭窄とカフェオレ斑を主徴とする遺伝性疾患)

症状:ワトソン症候群(肺動脈狭窄とカフェオレ斑を主徴とする遺伝性疾患)


このサイトの内容は情報目的のみで提供されており、助言、診断もしくは治療のために、またはあなたの医療チームの助言の代わりとして使用されるものではありません。 あらゆる医学的ニーズについては、担当医または医療専門家にご相談ください。このサイトを使用することにより、利用規約に同意していただくものとします。