肝硬変そして体重減少そして掻痒症

その他の症状に関する情報

  • 尿の色が変化...尿の色の変化には多くの理由がありますが、無害のものもあればかなり深刻なものもあります。 尿中の血液が見られる場合は「血尿症」と呼ばれ、ピンク色、赤みがかっている、オレンジ色、暗めの色、さらに灰色がかった尿に色が変化することがあります ... もっと見る»
  • 肝臓肥大...肝臓が腫れる症状は多くの疾患が考えられるので、直ちに専門医師の診察を受ける必要があります。 肝臓の腫れは、似たような症状である脾臓の腫れと関係があることがよくあります。 肝臓の腫れあるいは肝臓肥大を起こす疾患は ... もっと見る»
  • 黄疸様症状...黄疸は、大抵の場合、あるタイプの肝臓の疾患もしくは胆管の疾患が原因で生じます。 これらの病状の多くは重症であることが多いので、黄疸は迅速な医学的な診断と治療を必要とします。 ... もっと見る»
  • 便の色...便の色の変化は食事の変化に伴う場合がありますが、様々な病状による場合もあります。 便の色はまた、血便(様々な程度の便の色の変化を引き起こす)、粘液便、また黒色便、便の嫌な臭い、あるいは他の便の症状に関連している可能性があります ... もっと見る»
  • 白っぽい便...白色性の便は白色便の一種です。 原因の詳細リストに関しては白色便の原因を参照してください。 ... もっと見る»
  • 黄色い便...黄色い便は白色便の一種です。 詳細な原因リストに関しては白色便の原因を参照してください。 ... もっと見る»
  • 成長不良(不全)...正常な発育は幼児、小児および青年期の若者にとって重要です。 それが体重減少に結びつかなくても、発育速度の低下は様々な医学的な問題を示す可能性があります。 言いかえれば、それは何らかの発育に十分ではなく ... もっと見る»
  • 腹痛...腹痛の原因は、命にかかわる非常に危険な病状(急性盲腸炎、腹部大動脈瘤など)から様々なそれほど深刻でない病状(胸やけ、(胃酸などの)逆流、胃腸炎など)まで及びます。どのような症状の腹痛であっても、直ちに専門医の診察を受ける必要があります ... もっと見る»
  • 痛み...痛みには様々なタイプがあり、また多くの部位で生じます。 身体は、どこか異常があると、痛みを使って脳に伝えます。 痛みを無視してはいけません。どのようなタイプの痛みの症状でも、痛みの原因の根本的な原因を診断してもらう必要があるので ... もっと見る»
  • 粘液便...便に粘液が混じる状態は、重要な症状と言えます。 実際に粘液便かどうか判断することは重要です。というのは、それが血便、脂肪便、膿便、あるいは便の色の変化による別の原因である可能性も考えられるからです。 そのような症状が出た場合は ... もっと見る»

肝硬変そして体重減少そして掻痒症

症状チェッカー

ジェンダー:

選択された症状:

肝硬変

体重減少

掻痒症

症状を追加:

皮膚のかゆみ

色が薄い便

排便

黒ずんだ尿

肝臓肥大

肝臓/脾臓肥大

黄疸様症状

便の色

腫れた脾臓

白っぽい便

肝硬変そして体重減少そして掻痒症: 原因9項目

アレルギー、毒物、化学薬品: 肝硬変そして体重減少そして掻痒症

アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:

特定症状

  • 肝硬変

    肝臓が腫れる症状は多くの疾患が考えられるので、直ちに専門医師の診察を受ける必要があります。 肝臓の腫れは、似たような症状である脾臓の腫れと関係があることがよくあります。 肝臓の腫れあるいは肝臓肥大を起こす疾患は ... もっと見る»

  • 体重減少

    体重の減少は、小食、摂食障害から糖尿病を含む重度の代謝状態まで様々な病状により生じる可能性があります。 幼児の体重減少は、成長(発育)障害に分類されることがよくあります。 体重減少がみられない成長不良は ... もっと見る»

  • 掻痒症

別の症状を追加

原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。または次の中から選んでください:

肝硬変そして体重減少そして掻痒症 そして

症状を削除

検索を拡大:症状を削除